【おさかなマスク】夏におススメの布語り★

本格的にムシムシしてきて、これでマスク生活したら、本当に熱中症になってしまいそう(;^ω^)
自転車で出かけることが多いので、マスクをしているとこれまでより息があがりやすい気がして、若くないので気を付けないと。。と思っています。

どんな布で作れば、少しでも快適に過ごせるのか・・。
たくさん作って試してみたので、あくまでわたしの主観に基づいてですが、布選び、Martさんの記事でご紹介しています。

その1:夏のおさかなマスク・縫いやすくて涼しい布選び
その2:夏のおさかなマスク・サッカーやリップルがおすすめ!
その3:夏のおさかなマスク・真打登場!手ぬぐいがベスト!

おさかなマスクは、わたし自身が、ずぼらで面倒くさがりだから縫うところ少なくしてあります。
チェックラバー(チェック柄が好き★)なので、チェックが可愛く作れるように、中心に縫い目をないようにしました。
そうすると、水玉とかチェックの真ん中が可愛く見える上に、口元に布の重なりがなくて、呼吸が楽に感じます(あくまでわたしの感想ですが)

でも弊害もあって、布を重ねている部分が少ないから、ハリがなくて「くったり」しやすいんですよね。

普通の立体マスクだと、こんな感じで中心に縫い目があって、これがおもて・うらと重なるわけです。

この中心縫ってあるおかげで立体にハリが出て形がキープされる効果もありますよね。
おさかなにはそれがないです。(その代わり布が重なっていないので通気性が良いです♪)

フィルター代わりにティッシュを入れている時はいい感じでした。ティッシュがちょっと芯の役割♪

春先は、こんな風にカット済のペーパーをフィルター代わりに入れていましたが、もう暑いし、呼吸も心配なので、フィルター入れるの休止しています(;^ω^)
買い物ではどのお店も透明ガードがあるし、見知らぬ人と近接して話すこともないし・・。

より、作りやすくて夏でも楽に感じる布。
ちょっと縫いにくいけど、仕上がりはいい感じの布。
縫いにくいし、型紙そのものに向いてない布。
いろいろあるかもですが。

必要だから作る。そうなのですが、わたしは布マスクを作るようになって、すごく気持ちが楽になったんです。
4月に使い捨てのマスクが手に入らなくて、家にあるストックがどんどん減っていって。
「なくなったらどうしよう?」
テレワークで外出してないから減るペースも落ちたのに、なんだか不安でした。

そこで、布マスクを作ったら、「あ、わたしでも作れるんだ!」「マスクが減らない!」と気持ちが楽になって。
そして、さらに「自分のお気に入りの柄で作れる!」「(外にしていくのは悩むけど)大好きな赤チェックで作れる!」というのが、自分を勇気づけてくれました。

だから、必要に迫られたもの、というだけでなく、もし向かない布で作って大変だったり、思ったほど出来が良くなくても、「作るのが楽しい~」って手作りを楽しむ気持ちが味わえたら素敵だな、と思っています。
あ、でもおさかなマスク、縫い目が表から見えないというズボラさんに嬉しい構造なので、普段お裁縫しない人でも、ちゃんと外にしていけるレベルのきれいさで作れると思いますよ♪

作るのが楽しい。お気に入りのバックや靴とマスクの色を合わせたら、出かけるのが楽しくなった。
わたしと同じように、そんな気持ちを味わっている方が、どこかにいらしたら嬉しいです。

その1:夏のおさかなマスク・縫いやすくて涼しい布選び
その2:夏のおさかなマスク・サッカーやリップルがおすすめ!
その3:夏のおさかなマスク・真打登場!手ぬぐいがベスト!

関連記事

  1. 【おさかなマスク】特徴とおススメを紹介していきます♪

  2. 【はまくまハウス】今年も分譲♪

  3. 【気軽な手作り♪】ジョイントコークでフェイクケーキ作り★

  4. 【紙の手作り】キュートなテーブルアイテムのコツ♪

  5. 【ペーパーハンドメイド★】クリスマスのはまくまハウス★分譲で…

  6. 【おうちピクニック】セリアの100円木箱が最高に使える♪