【受講者限定動画あり】クリスマスシュトレン

2014~2019年までシュトレンレッスンを受講くださった方向けのページがようやく完成しました!
今年レッスンするか悩んだのですが、ご希望の方のお席をすべてご用意するのが難しく、
お席をご用意すると密になるのが避けられないと思い、一律で開催を見合わせることにしました。
その分、教室の雰囲気を感じて頂けたり、復習になる動画(パスワード制)を作ってみましたので、少しでも楽しんで頂き、
お役に立てば幸いです。

想いを込めたギフトと共に。2019年のレッスンの様子をイメージしました

毎年、ちいさなおうちをレッスンにご参加の皆さんにプレゼントしています。
明かりを灯しておうちでシュトレンを食べる時に、
教室で作った時の楽しさを思い出して欲しい・・そんな願いが込められています。
食べ物は単に「味」だけでなく、どうやって作ったか、誰と食べたか、その時どんな気持だったか・・
そうした「気分」こそが、美味しく楽しく食べるエッセンスのひとつだと信じています。
その信念をシュトレンを通して分かち合えていれば嬉しいです。

毎年愛される定番の味♪

2014年に最初にレッスンした横浜おうちパン教室のシュトレン(stollen シュトーレン)。毎年同じレシピですが、「クリスマスにはこの味を食べたい」と毎年焼きに来てくださるリピーター様が多数いらっしゃり、毎年11~12月に200本近くを焼き上げています。オーブンが壊れないかひやひやものです(笑)
甘すぎず、重すぎず、ちょうどよい塩梅を目指したシュトレン。我が家の味がたくさんの方のクリスマスの定番の味になっていることに感謝いたします。

はまくまシュトレンはどこで習えるの?

【はまくまパン単発レッスン】
単発レッスンで毎年クリスマスの時期にレッスンしています。単発レッスンは会員(リピーター様)限定の案内のためご参加は大変お手数ですがキャンセル待ちをお願いしております。
*2020年は新型コロナウイルスの影響を鑑みてレッスンを見合わせております。
単発レッスン

過去にこのレッスンを横浜おうちパン教室で直接受講済の方はつくり方動画・材料の一覧やコツなどを下記からご覧いただけます。
パスワードを入れて「submit」押してくださいね。
*過去にはまくまよりこのパンのレッスンを受けた方でパスワード知りたい方はご連絡くださいね。おひとりずつ連絡をしておりましたが、レッスン人数が多くなかなかご連絡が追い付かないため請求制とさせていただきます。大変申し訳ないですが、ブログを読んでくださっている方の特典ということで。やり取りが近々である方には折に触れお知らせしますね。

受講者限定情報

レッスン受講済の方はパスワードを入れると、パンの動画やコツなどさらにご覧頂けます。

クリスマスの小話

毎年レッスン時にお話ししている「クリスマスのお話」。今年はレッスンでお会いできないのでここにちょっとだけ記録しておきますね。

シュトレンはアドベント(待降節)の間に少しずつカットして食べる食べ物だと言われています。
ドイツの東のはずれドレスデンという旧ザクセン王国の首都の郷土のお菓子です。ドイツでもフランスよりの地方ではなじみのないお菓子かもしれません。
日本だって、東北と九州では食文化が違いますものね。
実は12/25はイエスキリストが生まれた日ではないと言われています。
え!?世界中の人がこの日を誕生日だと信じてお祝いしているのに?
正式には「生誕記念日」。本当に生まれた日はわかっていないので、この日を記念日としてお祝いしているのです。
聖書には生まれた日は書いてありませんが、生まれた場所の記述はきちんとあります。
それはベツレヘムという町です。
イエスをみごもっていたマリアは、ユダヤの王になると予言された子が迫害されないように
住んでいた地を離れ、ようやくたどり着いたベツレヘムで宿屋を借りることができず馬小屋で出産したと聖書にあります。

イエスが生まれたときに、大きな赤星が天に輝き、それを見て東方の3博士が生まれたばかりの王に会うべく旅をし、
小さな馬小屋にたどり着きました。
馬小屋にイエスを抱いたマリア、その前に3人の異国の博士、その後ろに羊飼いそして羊たち。
そんな絵やお人形をクリスマスの時期に見かけたことがあるのではないでしょうか。

そんな光景が2000年前にあったに違いないと思いを馳せながら、1切れ1切れ味わって食べてみるのも格別なものです。


食べ物は、「そのものの味」だけではなく、「ワクワクシュトレンを準備した」「もうすぐクリスマスだな」そんな色んな気持ちが
スパイスになってより美味しくなると信じています。
また横浜おうちパン教室のレッスンに来たいな、参加した時楽しかったな~・・
そんなことを思って頂けたら嬉しいです。
次にシュトレンをご一緒に焼く時に、そうした気持ちが加わって、より喜びと楽しみが大きくなる気がします。
来年、うん、たぶん、来年お会いしましょう♪


*写真は2019年のクリスマスレッスンの様子です。

関連記事

  1. 【はまくまパン】ライセンス004-背中に秘密の黒くまチョコパ…

  2. 【はまくまパン】ライセンス001ごろばたみるくまと4つのお共…

  3. 【はまくまパン】ライセンス009くるりん抹茶かたつむりロール…

  4. 【受講者限定情報あり・レッスンパン情報】1ボウルで作る捏ねな…

  5. 【はまくまパンアレンジ♪】サンタクロースなくまさん!

  6. 【はまくまパン】ライセンス010酒粕風味のうさくらあんぱん